精神疾患・障がいを抱える方を支援するブログ

経験者だから感じる視点で、読者の方に少しでも希望を届けたいと思います。

「おとなの発達障害かもしれない!?」

最近、「おとなの発達障害かもしれない!?」(森島明子)という本を読みました。

f:id:mikakin:20181206202315j:plain

 

著者は漫画家として活躍されている方です。何となく発達障がいの自覚がありつつ生活していた人がADHDの診断を受けて、辛い思いをしたり前向きになったりしながらありのままの奮闘記でした。漫画なので読みやすいですよ。

 

この中で私の心に残った言葉を書くと、

・発達障がいがあるから必ず生きづらいってわけじゃないんだよね。苦悩する人、気にしない人、才能にしてる人、人それぞれ。

・発達障がいの人が生きづらいってことは、今のこの社会は全ての人にとって結構生きづらい。

・私の事を肯定も否定もされない。こういう安心感もあるんだな。

・健常者を定型、発達障がい者を非定型と表現することも多いよ。

・大人になった今の自分が子供のころの自分に言葉をかける・・か。あのころ誰にも気づいてもらえなかったことを大人の私が気づいてあげたぞ!子どもの私から大人の私へ、大人の私から子どもの私へ。話したいことはいっぱいある。それを心の中でひとつひとつ伝えていくのはけっこう楽しくて良い作業なんじゃないかなと思いました。

・奇跡でもなく魔法でもなく、ひとつひとつ小さなことの積み重ねがひとつひとつ形になって、少しずつ目の前が開けていくのを感じました。

 

ちなみに、発達障がいの表現について記載があったので私の意見を補足します。

本で「非定型」という表現が紹介されていましたが、私はこちらの方がしっくりきます。

 

英語では「developmental disorder」。「disorder」は「order」の否定形です。「order」は注文、命令、順序、秩序といった意味ですから、この場合は「秩序だっていない」→「普通ではない」→「非定型」という訳がしっくりきます。

 

なぜなら、「秩序だっていない」、「普通ではない」=「障害」ではありません。別に皆が秩序だっている必要などないし、外れていても普通ではなくても楽しく生きることはできるし、むしろそれを強みにすることもできます。

確かに生きづらさに繋がる部分もあるのは事実ですが、「disorder」が「障害」とするのは飛躍していると思うんですよね。