精神疾患・障がいを抱える方を支援するブログ

経験者だから感じる視点で、読者の方に少しでも希望を届けたいと思います。

アメフト問題と洗脳-2

今日、日大の加害者の選手が異例の記者会見をしましたが、正直に事実を話した事、本人にとって本当に良かったと思います。

監督に忖度した会見であれば今のネット時代、一生汚名を着ないといけなかった。大変な勇気だったと思いますが、これで彼の今後の人生が開けると思います。

 

前回の続きを書きます。

 

mikakin.hatenablog.com

 

大学の体育会出身者が就職で有利なのは(多くの大企業で一定の体育会枠があるのは)、体力・根性がある、チームプレイができるという他に、上の言うことに従順だという認識が企業にあるのだと思います。しかし日本の組織は、上への従順、忠誠を重視しすぎる部分はないだろうか。

 

極端な意見かもしれませんが、今回の日大アメフト部の事件はオウム真理教が地下鉄でサリンを撒いたあの忌まわしい事件と本質ではつながっているのではないか。

監督は麻原彰晃で加害者の選手は実行犯。上の言うことは絶対で、麻原は自分の意に反する者はポアすると言った。

 

村上春樹は著書「アンダーグラウンド」でサリン事件のルポを書いていますが、後書きでうる覚えですがこういう趣旨を書いていたと思います。

テレビではオウム事件が面白おかしく語られている。皆、オウムの人間を自分とは全く関係ない対岸の連中と見なしている。でも本当にそうなのだろうか?

オウムが持っている何かしらの部分は我々にとって対岸ではなく、案外近いところにあるのではないか?だからこそ我々は彼らに対して言いようもない不快感、排除したい気持ちを抱くのではないか?

 

今回の日大アメフト部の監督は会見を見てもかなりの悪人と感じましたし、屑としか言いようがない。まさに裸の王様です。

でもこういう自分の保身さえ守れれば他者を簡単に切り捨てる人間は案外どこにでもいます。

そういう連中に屈さない強さと他者の痛みを想像できる優しさを持たないといけないと自分自身感じます。