精神疾患・障がいを抱える方を支援するブログ

経験者だから感じる視点で、読者の方に少しでも希望を届けたいと思います。

障がい者雇用水増し不正問題

最近、行政の多くで障がい者雇用が長年に渡って水増し不正されていたニュースが話題となりました。

障がい者雇用を先導すべき行政側で長年の不正が明るみになり、ショッキングなニュースでした。

 

国の行政機関の実雇用率は公表されていた2.49%ではなく、その半分以下の1.19%。

身体障がい者の民間企業への雇用が義務づけられ、障がい者の雇用状況の公表が始まった1977年当時の民間企業の雇用率が1.09%なので、国の障がい者雇用は進展しているように見えてほとんど変化していない実情が浮き彫りになりました。

 

この実情はもちろんけしからん!という種類のものですが、一般の障がい者雇用に対する本音を示したものとも言えそうです。

一般人で障がい者に縁がない人(自分にも家族など身近な人にも障がい者はいない人・専門ではない人)は、障がい者のことは分かりません。特に精神とかは非常に分かりにくい。

そして、障がい者の多くは一般人の生活圏内にはあまり入ってこないので、障がい者の存在に気づかなくても生きていけるのです。

 

はっきり言うと、一般人の多くは障がい者に対して面倒という意識を持っていると思います。

いや、それは責められません。障がい者のことが良く分からないし、実際配慮をしなければいけないと言われても面倒なことと思うのは分かります。

 

だから、障がい者雇用率が今年度から引き上げられましたが(民間企業は2.2%)、それに対して前向きな意識で取り組める組織はごくわずかで、多くはしょうがないから、違約金が取られるから、CSRコンプライアンスもあるから、という後ろ向きな意識で取り組んでいる組織がほとんどだと思います。

 

つまり、障がい者をコストがかかるものと捉えていて、戦力として捉えていないのですね。その結果が、行政まで水増し不正をやっていたという事実に行きつくのだと思います。

 

私は障がい者を守るべき人達とは思っていません。

当然ながら配慮は必要ですが、彼らもキャリアアップできるし、自立も目指せる。そう信じています。

 

障がい者雇用をしている行政や企業は障がい者のキャリアアップを支援していますか?

きれいごとではなく、それが結果的に、障がい者だけでなく、組織にとってもプラスになると思うのですが。