精神疾患・障がいを抱える方を支援するブログ

経験者だから感じる視点で、読者の方に少しでも希望を届けたいと思います。

障がい者雇用水増し不正問題-4

このネタは前回で終わりにしようと思っていたのですが、今朝のニュースにかなり腹が立ったので投稿します。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

うーん、何とかいうか。。これは野党や障害者団体でなくても批判しますよ。

ザ・お役所。企業からは障がい者を雇わなかったら罰金取るのに、役所はお咎めなしですか。ダブルスタンダードもいいとこ。筋が通らない。

まあこんなもんかなと思いますが、それでも真剣に腹が立ちました。

 

国(厚労省)が定めたルールでは、

”常時雇用している労働者数が100人を超える障害者雇用率(2.2%)未達成の事業主は、法定雇用障害者数に不足する障害者数に応じて1人につき月額50,000円の障害者雇用納付金を納付しなければならないこととされています。”

引用:独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構HP

 

企業は障がい者不足1人につき月5万円、年60万円も利益から払わないといけないんですよ。それが役所は不足していても処分せずって。。しかも、障害者雇用を進める本丸である厚労省ですからね。。もう民間企業から罰金を取るべきではないでしょう。

 

この問題の私の感情的には、

障がい者雇用水増し不正問題で呆れる 

 穴埋めするために無理やりの障がい者雇用計画でさらに呆れる

「処分に値する違法な行為はなかった」とかで処分スルー。もはや呆れるというか

いい加減にしろよ!!(←今ここ)

 

悪いことをしたら謝らないといけないのは小学生でも知ってること。その基本を実行できないなら誰からも信頼されません。

 

処分といっても公務員なら民間と違ってクビになることもないのに、まともに責任取れんのか!と思いますね。

お役所の論理があって鬱屈した思いの職員もいると思いますが、私が企業の社長の立場で罰金を請求させたら、おたくが違反しても何もしないのに、なんでこっちは払わないといけんのや、って言いますよ。

 

この後処理のまずさは、水増し不正をしていたこと以上に罪深いと思います。