精神疾患・障がいを抱える方を支援するブログ

経験者だから感じる視点で、読者の方に少しでも希望を届けたいと思います。

「就労支援フォーラムNIPPON2017」-2

前回の続きです。

私が一昨年に初めてこのフォーラムに参加した時に思ったのは、医療・福祉の関係者はとても思いがあって優しい方が多いと感じる反面、ビジネス感覚が弱いとも感じました。

ここでのビジネス感覚とは、顧客ニーズの理解→提供価値の決定→収益モデルの確立というプロセスのことを言っています。医療・福祉関係者は行政が決めたモデルで動いているからこのプロセスを組み立てる部分が弱いと感じました。

 

どの事業でも収益を生むことは事業継続のために絶対に必須なことです。福祉事業所も例外でありません。民間企業はこの部分には当然シビアです。

民間企業の特徴として、ビジネスモデルをパッケージ化するということがあると思います。つまり一連の決まった形にして効率化する。例えばマクドナルドのオペレーションは典型的で分かりやすい例でしょう。

この特徴は福祉サービスでは必ずしも当てはまりません。なぜなら疾患・障がいを持つ利用者の方々は一人一人が違う疾患・障がいの特徴や個性を持っていてとても決まった形でマニュアル的に対応できるものではないからです。「その点で福祉は1対1に人間関係が大切なのだから」と言われていた点はとても理解できます。

でもビジネス感覚がもっとあれば、利用者のニーズを汲んだ新たな価値(サービス)を創り出したり、行政福祉の範囲外のサービス提供の可能性も広がるのではないかと思います。

 

私は福祉サービスを提供するという点で、福祉事業所も一般企業も両方の力、感覚が必要なんだと思います。そして、とても難しいことだとは思いますが、どちらに所属していても福祉的観点と経済的観点を両立させることが最も大切なことだと考えています。

今回のフォーラムでは行政の方針がちょっと経済的観点に傾きすぎてないかなという懸念を個人的には感じましたが。

 

フォーラムのプログラムの一つにNHKの「バリバラ」公開収録がありました。1月14日(日)19時~ NHKEテレで放映予定のようですのでご興味ある方はご覧になって下さい!