精神疾患・障がいを抱える方を支援するブログ

経験者だから感じる視点で、読者の方に少しでも希望を届けたいと思います。

薬と精神疾患-1

最近、社会時事ネタばかり書いていましたので、今回は本題の精神疾患に関するテーマを書きたいと思います。

 

今回のテーマは薬。精神疾患に悩んでいる方にとって薬は切り離せないものです。

薬との付き合い方に不安を感じたり、悩んでいる方はとても多いと思います。今服用している薬で本当に大丈夫なのか、体調に色々問題があるが薬の副作用ではないか、薬の量が多すぎるのではないか、ずっと飲み続けないといけないのではないか、等々。

 

精神疾患の場合、薬を飲んだら回復する、治るというのはあまりないと思います。であれば薬を飲まなくて良いのかというと、それも極端な意見だと思います(一部でそういう意見もありますが、私は賛成できません)。

私の経験的な感覚だと、薬自体に治す力はそれほどあるように思えませんが、日々の体調を整えることはできる。自分に合う薬を適量服用すれば日々の体調は整いやすく、そのため自分の体調や生活に伴うストレスも軽減されて、結果的に体調が良くなる、症状によっては薬も減るというように感じています。

鶏が先か卵が先かのような話ですが、薬は必要、ただし自分に合った薬を適量で、ということだと思います。

 

といっても、自分に合った薬を適量で、って自分ではなかなか分からないから難しいです。

私の場合、うつ病になって入院した時は、アモキサンという抗うつ剤が主剤の処方でした。結構な量でした。退院後にネットで調べると、三環系抗うつ剤という古いタイプの薬で効果は大きいが副作用も大きい、一般的にはSSRISNRIといった新しいタイプの抗うつ剤が処方されることを知りました。

それでなぜ自分は三環系なのかと主治医に聞いたら、「まあ、あなたは軽くなかったですからねえ。」と言われ、やっぱり自分は重症なのかと落ち込んだ思い出があります。長い間、薬の副作用に苦しんでいました。