精神疾患・障がいを抱える方を支援するブログ

経験者だから感じる視点で、読者の方に少しでも希望を届けたいと思います。

薬と精神疾患-2

前回の続きです。

 

mikakin.hatenablog.com

 

私が感じていた薬の副作用は、例えば、脈拍は常に110前後だったので疲れやすいとか、ろれつがうまく回らなくて人前で話すことに自信が持てないとか、物を持とうとすると手が震えてしまうとか、大幅に太ってしまったとか。。

これって薬の副作用なのか、それとも別の何かなのか当時は良く分からなくて悩んでいました。医者もはっきり言ってくれないし。

でも、今ならはっきり分かります。ほとんど薬の副作用だったんだと。実際、今は当時に比べれば凄く楽です。今書いた諸々の問題は全くありません。

 

私は入院当時、数種類の薬を一日10個以上服用していました。結構な量だと思うのですが、病院内では私はまだ少ない方だったと思います。

毎食後に皆が薬をもらうために並ぶのですが、中には手に山盛りの薬をもらっている人もいたりして、びっくりした記憶があります。こんなに飲んで死ぬんじゃなかろうかと。

医者にも色々な考えがあるとは思いますが、それでも対症療法を繰り返して毎食後に山盛りの薬を処方することが正しいとは絶対に思えません。そんなに薬を飲むともう何が悪いのか訳分からなくなるだろうと思いますし、明らかにおかしいと思います。

薬を処方するのは医者なので、自分が信頼できる腕の良い医者に診てもらうことはとても大事なことです。医者との関係をどう考えるかは別の時に書こうと思います。

 

今の薬で良いのか分からないし、自信もないけど、薬を変えてもっと悪くなったら嫌だし、、と考えが行ったり来たりしていませんか?

私は主剤のアモキサンに不満がありました。ネットで調べても脈拍が早いのはこの薬の副作用のように思いましたし。

でも当時の自分を不完全でも支えているのはこの薬だとも思っていました。アモキサンを変えてもっと悪くなったらどうしようという思いがあり、なかなか変更に踏み切れませんでした。

むしろ医者が薬を変えようとした事もあったのですが、自分がかたくなに変えたくないと言っていました。薬を変えることで落ちてしまうのが怖かった。続きは次回で。