精神疾患・障がいを抱える方を支援するブログ

経験者だから感じる視点で、読者の方に少しでも希望を届けたいと思います。

発達障がいと同調圧力

今年は「忖度」という言葉が注目されました。流行語大賞になるかもしれないようです。私はこの「忖度」という言葉、実に日本社会を象徴している言葉だと感じます。

 

「忖度」を辞書で引くと、「相手の気持ちをおしはかること」だそうです。この言葉自体に悪い意味はありません。むしろ社会で生きていくには必要なスキルと思います。

近年では「上役などの気持ちをおしはかる」という用法が広がりつつあるようです。これは「忖度」という言葉の用法の一部にすぎないとのこと。今年「忖度」という言葉に悪いイメージが付きましたが、それはこの用法で捉えた場合と思います。

 

前置きが長くなりましたが、日本社会は実に「忖度」社会、悪い意味ではありませんが「相手の気持ちをおしはかること」を求める社会だと感じます。

それは相手への思いやりという良い部分につながることもありますが、みんな一緒にという横並びの「同調圧力」社会へとつながっているとも感じます。「お前、空気読めよ」という社会ですね。

発達障がいの方は「相手の気持ちをおしはかること」、「空気を読むこと」が苦手です。発達障がいの方にとって日本社会は生きにくいだろうなあと感じます。

 

私は以前、モンゴルで生活し仕事をした経験があります(今、相撲の問題で話題ですね)。日本人基準で考えるとモンゴル人って実に空気読まない人たちなんですよ(笑)。

例えば、移動で飛行機に乗って隣にモンゴル人がいる。こっちはゆっくり寝て過ごしたいなあと思っているのに、そのモンゴル人はおかまいなしでずっとマシンガントークで話しかけてくるんですよ。まあ適当に相手をして、到着する頃にはそこそこ話してるから連絡先くらい交換しようかなあとか思うじゃないですか。でも着いたらさよならも言わずに一目散に去っていったりして。今までは何だったんだという(笑)。

モンゴルに生活し始めた最初は腹が立つことも多かったですが、慣れてくるとあーモンゴル人ってほんま面白いなあって変わっていきました。またネタが増えたみたいな。慣れてしまうと意外と気を遣わなくていいから楽なんですよね。

 

今、職場の人に隠れ発達障がいだろうなと見ている人がいて、やはり「相手の気持ちをおしはかること」が苦手で、周りの人間関係がうまくいっていません。その人のことを腹黒いと思う人もいます。

でも、私には当人は悪気がなく、むしろ純粋な人だと見ています。だからかわいそうだと感じるし、少しずつ「相手の気持ちをおしはかる」よう機会を与えているつもりです。

 

元々、発達障がいという言葉が気に入らないんです、個人的には。障がいというか特性ですよね。それが本人が生きている社会と適応できないから問題が生じるだけで、本人自体に問題があるわけではありません。

あ、ちなみに私は嫁さんからADHDっぽいと言われてます(笑)。