精神疾患・障害を抱える方を支援するブログ

経験者だから感じる視点で、読者の方に少しでも希望を届けたいと思います。

うつ病は治るのか?-2

治るための要因として、大きくは自分要因と環境要因があると思います。これは再発する要因にも同様のことが言えます。

 

自分要因とは、認知の歪みに代表されるような性格的な問題であったり、うつ病に特有の負の感情(怒り、悲しみ、焦り、不安など)が解消できていない状態、当事者の生活サイクル、PTSDなどの要因。

環境要因とは、周囲(家族、友人、職場の人など)の理解、職場環境(仕事のハードさ、人間関係など)などの要因です。

 

多くの人のうつ病に至った原因は、それらの要因が複合的に重なったためと思います。私が知る限りですが、例えば過労といった環境要因が主である場合は、それがある程度改善されればスムーズに復帰できるケースが多い気がする反面、例えば性格的な問題のような自分要因が主である場合は、それにきちんと向き合っていないと再発してしまうケースが多い気がします。

 

自分要因を改善するためには色々なやり方がありますし、私がこのブログの中でどこまで踏み込めるか分かりません。詳細は今後少しずつ書いていきたいと思いますが、基本スタンスとして問題に向き合うことが大切と思います。

急性期のような心身ともに疲れ果てている状態の時は休息を優先し、問題を先送りするべきと思いますが、社会復帰するまでには自分の問題と向き合うことは大切なことです。それを避けると、一見見かけ上は回復したように見えても、社会復帰したら休んでいた時以上に心身ともに負荷がかかるので持ちこたえられなくなるという事になりかねません。

 

問題に向き合うことは大変なことではありますが、自分が良い方向に変わるチャンスでもあります。病気になったことを前向きに捉えることができるかは、こうした試みを通じて自分の成長を実感できるかにもよると私の経験からも感じています。

 

問題に対するアプローチは色々なやり方がありますが、周囲の信頼できる人や専門家の助けを借りたり、本やネットの情報を参考にしながら、自分に合ったやり方を見つけて欲しいなと思います。

心理療法でも色々なやり方がありますが、合うか合わないかはその人次第なので、仮に一つのやり方が合わなくても諦めずに別のやり方を試してみるのが良いと思います。